Interrop Tokyo カンファレンス

+

YA-06

6月13日(木) 14:30-15:50

ご登録はこちら

離陸するドローンビジネス:真の応用 ~高精度計測とデータの利活用~

概要

ドローンが注目されて数年が経過し、いよいよ本格的な応用がスタートしようとしています。その中でももっとも注目されるのは、地形や施設などの緻密な計測と、そのデータの利活用でしょう。

本セッションでは、ドローンを用いた高精度計測と、計測に基づく3次元モデルの生成、さらにその応用について紹介しながら、データの利活用について議論します。とくに、社会インフラの保全サービス(橋梁・電力施設・大型プラントなど)や、大学施設の利活用サービスなどといった、幅広い展開について俯瞰します。また、こうした応用を可能とするための、ドローン運用のマネジメント法などについても併せて考察します。

要旨
  • 高精度計測法
  • 3次元モデルの生成法
  • ドローンの運用マネジメント
  • サービスの展開(社会インフラの保全、大学施設の利活用)
講演者

Chair

砂原 秀樹

慶應義塾大学大学院

メディアデザイン研究科 教授

Speaker

船吉 秀人

ソフトバンク(株)/5x5 Technologies

テクノロジーユニット 技術戦略統括 先端技術開発本部 先端事業企画部長

1997年DDI東京ポケット電話(現ソフトバンク)入社。
PHSの無線インフラ、デバイス開発に従事した後、インフラ企画を担当。2004年にはXGP標準化も行う。
2010年よりWiress City PlanningにてAXGP無線基地局の企画、開発および無線の設計、管理に従事。
2015年よりソフトバンクにてモバイルネットワークの技術戦略、企画を経て、現在は5Gも含めた先端技術の事業化推進を担当。

Speaker

武田 圭史

慶應義塾大学

環境情報学部 教授

ページの先頭へ