Interrop Tokyo カンファレンス

+

YB-06

6月13日(木) 14:30-15:50

ご登録はこちら

多様化する『イノベーション駆動型ビジネス』の創出と実践

概要

イノベーション、リーンスタートアップ、デザイン思考、リビングラボ... さまざまなキーワードが、世の中に氾濫しています。90年代以前とは違い、いまでは「安くてよいものを大量に既存市場へ売る」というビジネスは陰りを見せました。こうした、いわゆる大企業でも倒産の危機を迎えるほどの変化の大きな時代を前に、「新たなビジネス」を創り上げるための方法は多様化してきています。

そのような中、本セッションでは、「どのようにビジネス創造をするのか?」の具体的なトレンドや実践例などについて紹介します。

チェアには、「大阪イノベーションハブ」の立上げ企画運営後、2015年に(株)フィラメントを設立した角勝氏が努めます。多くの企業において新規事業創出プログラムの構築・実行を支援し、また、独自設計のワークショップとコミュニティの創出手法によって、人材開発・組織開発を手掛けています。

講演者

Chair

角 勝

(株)フィラメント

代表取締役CEO

20年間にわたり大阪市役所にて勤務し「大阪イノベーションハブ」の立上げと企画運営を担当。
2015年、大阪市を退職し、フィラメントを設立。
多くの企業で新規事業創出プログラムの構築・実行支援や、独自設計したワークショップとコミュニティ創出手法を用いた人材開発・組織開発を手掛ける。
2016年には企業アライアンス型オープンイノベーション拠点The DECKの立上げにも参画し、他のコワーキング・コラボレーションスペースのコンセプトメイクにもアドバイザリーを提供している。

Speaker

調整中
ページの先頭へ